トラックバックとは?





トラックバックは、
ブログ初心者にとって、
最初わかりづらいもののひとつかもしれません。

もともとは、
「あなたの記事を引用しましたよ」って
掲載ページをお知らせするための機能として
つくられたのが、トラックバック。

TBに関するTB.jpg
【はじめてのウェブログ】「トラックバックって何ですか?」に寄せられたトラックバック一覧より
(こんなふうに、ブログ記事の書き出し数行を相手ブログに貼付&リンクする機能)

アナログで例えると。。。

ライブのチラシを、
他のライブハウスに
貼らせてもらうようなものだと考えてください。
(このライブハウスでも公演をやったことがありますが、
次回は別の場所でやりますって告知した内容で☆)

トラックバックには、
その記事の書き始めの部分数行と
URLリンクが表示されます。

そのチラシを見て、
あなたのライブ(=ブログ)に
訪問してくれる人もいるかもしれません。

既存のホームページの
「お気に入りリンク」と違う点は。。。

「チラシ(=リンク)貼ってもらえますか?」と
ライブハウス(=ブログ)の管理人にお願いして、
「これなら貼っていいだろう」と
管理人がセレクトしたもののみが貼られていたのが、
従来のホームページのリンクです。

トラックバックは、
「この人気スペースにチラシを貼らせてほしい!」って思ったら、
チラシ持ってる人が主導権をもって、
あちこちにぺたぺた貼りに行くことができるんです。
(管理人には、削除する権利もあります)

ピンクチラシや、
音楽と関係ないチラシだったら、迷惑だし、
そのライブハウス(=ブログ)と
同じジャンルの音楽の
ライブやCDのお知らせだったら、
情報になりますよね?

トラックバックは、両刃の刃といいますか、
使い方を一歩間違えると、
スパム扱いされて、すごく嫌われます。

トラックバックを送る相手の
記事の内容を充実させるものなら喜ばれるし、
自分のサイトのアクセスアップだけが目的で
無差別に貼りまくるのは、嫌がられます。

しかし、うまく使えば、トラックバックは、
関連した内容の記事が横につながって
データベースのようにも機能するのです☆

昨年だったら、
電車が脱線した時のニュースサイトや、
「ヤンキー先生」で知られる義家先生が退職した時など、
そのニュースをとりあげたブログから
たくさんのトラックバックが集まったりしてたのですが。。。

こういうトラックバックをたどると
ひとつの出来事のいろんな面が
いろんな人の見方でわかり、
ある種のデータベースとして
情報収集に役立ったりします。

そういうわけで、
トラックバックセンターっていう
トラックバックばかり集めたサイトもあるんですが、
ブログならではの情報収集・配信システムですね☆

トラックバックのマナーとしては、
記事中に相手記事の紹介とリンクを入れるのがベストですが、
この辺は、人によって意見が分かれるところでもあります。
(参照元の通知っていうのが、本来の定義ですが)

個人的な考えとしては、
関連ある記事は、
どんどんトラックバックして、
横のつながりができた方が
ブログっていうメディアならではの
良さが発揮できると思うんですが…

ちなみに、私のブログでは、
関連記事のトラックバックは、大歓迎です♪

いろんな関連記事が一覧できた方が
読者にとっても情報サービスになると思うので☆


【関連情報】

【Blog Beginer's】#008 トラックバックのマナー/リンクタグ作成無料ツール紹介(2006.6.24)

 トラックバックを送信する(gooブログ編)

 テキストリンク作成手順(gooブログ編)

【ブログと画像加工の便利帳】「トラックバックセンター」

トラックバックとは 【track back】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

【人気ビジネスブログの作り方】「トラックバックとは?」

【人気ビジネスブログの作り方】
「トラックバックスパムとは?(悪いトラックバックスパムの例)」


【はじめてのウェブログ】「3分でわかるトラックバック」

【はじめてのウェブログ】「トラックバックって何ですか?」

【gooブログ公式ページ】「トラックバックとは」

FC2ブログ - トラックバックとは?

livedoor Blog ガイド:トラックバックのやり方

はてな - トラックバックとは

【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。
「【ブログ入門】 コメントとトラックバックのルールとマナー」


【-with love-My Only One】「トラックバックについて」

【癒しのお茶研究日記】「口うるさいとお思いでしょうが」

【だんなの屋根裏部屋】「ブログにおけるマナーを考える」

中国天津情報中心【旧:はらけん上海日記(ブログ)】「トラックバックのルール・マナー 」

【★チョロリーマンと微熱的生活★ 】「トラックバック・スパムをご存知ですか?」

【ほっしーぶろぐ 】「ブログのマナー」

【無料ソフトレビュー フリーソフト,フリーウェア】
「トラックバックとトラックバックのルール!間違っていませんか? 」


【白き翼の軌跡】「トラックバックとコメントのマナーについて」

【Happy Smile】「たのしくブログるために」

【25歳越えても学生な日々】「告白します!僕、TrackBackスパムを送ってたみたいです・・・」

【イヌの耳】「トラックバックについてまとめてみました。」

【Bow Works−ネットで生きるための忘備録】「Blogのためのマナー」

【ブログラバー】「トラックバックをする理由がコミュニケーションでもいいよ」

【むだづかいにっき】「くたばれ検索トラックバッカー」

【むだづかいにっき】「お返しトラックバックは推奨しません!」

【ブログをとことん調べます。】「トラックバックって難しい?」

【日々考える】「迷惑千万 自動トラックバック送信ツール


【おいしい!ブログの作り方。】「第17回★トラバ1」

【おいしい!ブログの作り方。】「第18回★トラバ2」

【おいしい!ブログの作り方。】「第19回★トラバさん」













ブログカスタマイズに役立つ人気ブログ


この記事へのコメント
当方へのコメントとリンク紹介ありがとうございました。
私はもうトラックバックは止めようかなと思っています。
もちろん私がTBした場合は参照元の記事の紹介も同時に行っている訳ですが、
先日そういうやりかたで30件くらいTBしたんですが、
ぬかに釘って言いますか?
暖簾に腕押しって言いますか?(笑)
全く無反応でして、もしかしたら、
TBした先の人にTBした事自体を気づかれて無いという事も考えられるし、
気づかれてたとしても、その方が、
私の方へ来て確認しておられなければ、
未確認のままスパムと間違われて
悪いイメージ持たれてる可能性もあると思えたんです。
時間かけてしんどい思いして、
その結果が、そんなでは
TBしてもいいこと一つも無いと感じてしまったんですね。
私の所属するアメーバ運営元では『ランキング道場』という所で、
TBをアクセスUPの手段に役立つツールとして
紹介しているのですが、
30件ほどしんどい思いをしてTBした日の
私の所のアクセスは前日より20人も
減っていたんです( ̄□ ̄;)

Posted by at 2006年04月21日 14:00
トラックバックは、
送信側からの強制リンクなんで、
好き嫌いあるかもしれませんね〜。。。

ブログ初心者の友人には
トラックバックに関して
質問されることも多いのですが。。。

「コメント+トラックバック」って形だと
相手のブログをちゃんと読んだことも伝わるし、
割とトラブルがすくないかもしれません☆
(コメントもらうと嬉しいしね♪)

引用+トラックバック送信して、
何の反応もないブログは、
あるいはTBがたくさん送られてくるのかも?

私のこの記事の場合も
貼ったリンクとトラックバック送信数を考えると
反応は少ないかもしれませんが^^;

外部にリンクが貼れるのって、
入口が増えて、
いいことだとは思いますよ☆^^

管理人以外の人が
そのトラックバックを見て
訪問してくれる場合もあるし。。。

すぐに見える形で
思ったような反応が返ってくることは
すくないかもしれませんが、
いろんなブログ(とその管理人)と
コミュニケーションをとり続けることは
大切なんじゃあないかと思います☆

ホラ、ダイレクトメールとかも、
5%くらいの人が来てくれれば、
いい方だっていうでしょ?

だから、やった分と同じだけ
返ってこなくても、
気にしない、気にしない(笑)

地道に努力し続けていれば、
後で思わぬ形で報われることって、
ホント、ありますから!!^^

まずは、すこしずつでも、
いいコミュニケーションがとれる相手を
大切にすることかな?

Posted by しもまゆ at 2006年04月22日 11:39
コメントありがとうございました〜♪

TrackBackを使って、"同じ意見のDB"という発想はすごく面白いと思いました。

>まずは、すこしずつでも、
>いいコミュニケーションがとれる相手を
>大切にすることかな?

その通りですね。Blogを続けるモチベーションも保てるし。しもまゆさんの、"良いコミュニケーションが取れる相手の一人"になりたいもんです。

では、これからもよろしくお願いします。
またお邪魔します〜♪
Posted by akan at 2006年04月22日 12:33
>akanさん

こういうふうに
ちゃんと反応がかえってくると、嬉しいですね^^

自分で記事書いて更新するだけじゃなくて、
「双方向」って実感もてるから♪

こういう丁寧なコミュニケーションを
大切にしてゆきたいものです☆

これからも、よろしくお願いします♪^^
Posted by しもまゆ at 2006年04月22日 13:06
トラックバックと記事の紹介ありがとうございます。

>トラックバックのマナーとしては、
>記事中に相手記事の紹介とリンクを入れるのがベストですが、
>この辺は、人によって意見が分かれるところでもあります。
>(参照元の通知っていうのが、本来の定義ですが)

ここのところは難しいですよね。
自分がトラックバックするときは必ず(といっても2回しかやったことない)
リンクを入れてますが、入れているケースは少数派という気がしています。
実際トラックバックしてもらって、リンクが入っていたのは
今回のしもまゆさんが初めてだったし^^

でもまあ、ちゃんと関連のある話題ならば
どちらでもいいのかな〜と今は思っていますけど。
Posted by 耳イヌ at 2006年04月23日 01:27
内容に関連性があれば、
私はリンクなしのトラックバックでも、歓迎しますけどね☆

「関連性」って考え方に
許容量の差があるのかな。。。

ちゃんとリンク貼って
文言に言及してないと
「関連してる」って感じない人もいるし、
テーマが同じ記事だったら
「関連してる」と感じる人もいるし。。。
(私は、明らかに後者)
Posted by しもまゆ at 2006年04月24日 09:02
アメブロの場合は「アクセス数で賞金が出る」ことから
TBスパムの温床になりやすい部分があるのかな、と思います。
そういうのが嫌でアメブロ出て、
いまはTB機能を切ってやってるわけですが。

TBする相手方のTBに対するポリシーみたいなものを
確認してからやる必要はあると思いますね。
Posted by りょう at 2006年04月24日 17:05
>りょうさん

なるほど…たしかに
アメブロでは上位にランキングされると
賞金が出たりしますからね。。。
(上位3位とかに入らないともらえないけど)

アメブロの上位ランキングブログは、
アクセス数の桁が違うので、
いろんな工夫はするんでしょうね。。。

ブログも人間が使うツールですから、
向こう側に相手がいることを意識して、
相手のポリシーを尊重して
使うことが大切ですよね☆
Posted by しもまゆ at 2006年04月24日 17:15
昔のモノにご丁寧なトラックバックありがとうございますw
イロイロ拝見させて頂きました。
「お返しトラックバック」なるモノが存在するのですか・・・興味深いですね。

 私は最近ではエロサイトで無い限り速攻削除はしておりませんA^^;)
いちいち怒るのもバカらしくなったような、面倒なような・・・。
でも時々まとめて削除したりww
言及無くても「関連する記事」だったらそっと放置してたりま〜すヽ(゚∀゚)ノ

トラックバックって結局は「好き嫌い」とか「許容範囲」になってしまうのでしょうねぇ。
Posted by くらげ at 2006年04月24日 21:14
トラックバックありがとうございました♪
わたしは最初、言及リンクのないトラックバックまで
NGと考えていたのですが、ブログを利用しはじめて2年、
いまでは、内容に関連(賛成・反対・情報提供等)
があればOKかな、という文化圏に住むようになりました。

わたしも自分のところに寄せられたTBから、
有益な情報を得ることもありますので、スパム
(自分がスパムだと判断するもの)以外のTBは
基本的に歓迎です☆
ですので、完全に拒否や、言及リンクがなければダメ
といった設定はしていません。

が、そうするとスパムTBとのイタチごっこに、
といった問題に悩まされるようにもなるのですが・・・(^^;A
Posted by みみまる at 2006年05月08日 17:24
はじめまして、「ゴーゴー社労士」村上と申します。

私のブログ(トラックバックに関する記事)にコメントしていただき、ありがとうございました。

言いたいことはほとんどブログ記事の中で書いたのですが、分をわきまえたトラックバックをしてほしいものです。

Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年12月08日 14:41
トラックバックはなんぞや?と色々調べていました。詳しく書いてありすごく勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by 苔玉 at 2010年04月23日 21:17
あなたはブリーフケースがあまりにも厳しいと思われる場合は、トリーバーチ を運ぶためにしようとする女性のスタイルのバッグを反映しています。トリーバーチ 靴 利点は、より合理的なあなたは多くの専門家でなければなりませんよりもビニール袋や紙袋を持って、トリーバーチ 店舗 多くのオブジェクトとして配置することである。バック財布、トリーバーチ 激安 女性は右の上を歩くの女性と男性の対応が習慣、右の肩に戻っているはずです。ブリーフケースやハンドバッグ、変更の手と不意つかまえた。
http://www.oafane.net/ トリーバーチ
http://www.oafane.net/ トリーバーチ 靴
http://www.oafane.net/ トリーバーチ 店舗
http://www.oafane.net/ トリーバーチ 激安
Posted by トリーバーチ at 2012年04月28日 14:48
レンズを球面レンズという。縦方向と横方向とで度数を変えて乱視矯正を含めたものは面形状が球面ではなく、正確な光学上の分類では球面レンズではない。しかし眼鏡レンズでは慣習として、球面レンズと同じラインアップ上の製品

http://www.jpwatchtown.com/
Posted by メンズ時計 at 2014年03月14日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16804828

トラックバックについて
Excerpt: トラックバックって、 ブログ初心者には いちばん馴染みのない機能かもしれません。 他の人のブログを見て 自分が関連する記事を書いたときに 「関連する記事を書きましたよ」って 相手にお知らせすることが..
Weblog: 超初心者のためのgooブログ作成講座
Tracked: 2006-04-21 13:50

トラックバックを送信する
Excerpt: ブログはじめたばっかりの時に、いちばんわかりづらいのが、 「トラックバック」の使い方じゃないでしょうか? トラックバックは、もともと、 他の人の記事を引用・紹介した場合..
Weblog: 超初心者のためのアメブロ作成講座
Tracked: 2006-06-02 15:04

トラックバックとは
Excerpt: 「ブログ & アフィリエイト 用語集」 トラックバックとは トラックバックとは、ブログ特有の機能で、ある人のブログの記事に自分のブログへのリンクをはる機能のことです。 トラックバック..
Weblog: ブログ de アフィリエイト
Tracked: 2006-09-23 02:54

トラックバックとは?
Excerpt: ★ トラックバックとは? トラックバックは、ブログの機能の一つで、他の人のブログへリンクを張った際に、 リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組です。 例えば、あなたが..
Weblog: 情報商材実験室
Tracked: 2007-09-22 09:53

トラックバックでブログのアクセスアップ
Excerpt: 前回はPINGでのアクセスアップの記事を書きましたが 今回はトラックバックによるアクセスアップ法を書きます。 まずトラックバックについて…
Weblog: ブログアフィリエイトで幸せ人生を送る方法
Tracked: 2007-12-25 23:15

トラックバックとは?
Excerpt: なんじゃらほい?
Weblog: 初心者ブログ作成奮闘記「WATANABE STUDIO BLOG」
Tracked: 2008-10-31 10:59

知らなきゃヤバいトラックバックとは?
Excerpt: これを知らなければブロガー失格の様です!!!! 私は今まで知らずに調子ブッこいてリンクをただ単に貼り付けてました。 すませんでしたぁ〜って思いましたよ・・・汗 参照させていただいたの..
Weblog: 初心者ブログ作成奮闘記「WATANABE STUDIO BLOG」
Tracked: 2008-10-31 11:49

トラックバックの効能
Excerpt: なんだかしつこいくらいトラックバックについては取り上げているような気がしますが、このブログの最終目的にも絡んできますので積極的に記事にしていこうと思います。 [本ブログのトラックバック関連記..
Weblog: ものづくりの本質を探る!〜神戸の企業内技術士の挑戦
Tracked: 2009-06-17 21:57

トラックバックとは
Excerpt: トラックバックとは、ブログにある機能の一つで、 別のブログへリンクを貼るときに、 リンク先の相手に対してリンクを貼ったことをを通知する仕組みのこと。 簡単にいえば、トラックバックすると、 トラ..
Weblog: インターネットで月収100万円 投資で1億円稼ぐ非常識なお金持ちブログ
Tracked: 2012-04-24 15:52

トラバックの練習
Excerpt: 練習
Weblog: FIELD
Tracked: 2014-08-16 01:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。